スタッフブログ

2016年2月26日 金曜日

歯列接触癖とは!?

こんにちはsun

みなさんは口を閉じている時に上下の歯は離れていますか?
もし、少しでも接触しているのであれば「TCH」の疑いがあります。



TCHというのは"Tooth Contacting Habit"、歯列接触癖の略で、上下の歯を持続的に接触させる癖のことをいいます。
本来口を閉じたときに、歯が接触しないのが通常の状態です。一日のうちに上下の歯が触れる時間はわずか20分程度と言われています。

TCHがあるとカチッと歯をくっつけてしまうので、歯がすり減ってしまったり、ヒビがはいってしまったり歯並びの悪化に繋がります。
歯ぎしりや食いしばりは上下の歯に大きな力がかかるので歯並びなどに影響があるのは分かると思います。ですが、TCHのように軽く触れていても、それが持続的に続くことでならびに影響があったり痛みの原因となる場合があるのです。

TCHが常態化すると、口の周りの筋肉が疲労を起こし、頭痛や肩こりの原因になることもあります。またむし歯でもないのに歯が痛んだり、歯がしみる知覚過敏を起こしたり、アゴの関節が痛くなってくるという症状も出てしまいます。


TCHは癖なので、意識して直すことが必要です。
まずは頬の筋肉の動きを認識しましょう。歯が少しでも接触すると筋肉が動きます。これを繰り返し、持続的に行うことで筋肉が疲労します。
意識して直すためにも、歯を接触させないようなことを書いた紙をテレビや冷蔵庫などに貼っておくことで意識が高まります。

肩こりや頭痛があるけれど原因が分からないという方はもしかするとTCHかもしれません。
とくにパソコンなどを長時間している場合に起こりやすいのでそういった作業が多い方は気にしてみた方がいいでしょうsign03

毎日の歯みがきにはオーラルジェルがオススメです。
当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック スタッフ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
Google+