スタッフブログ

2016年2月29日 月曜日

歯周炎と歯肉炎

こんんちはsun

今回は歯周病について詳しくお話したいと思います。
まず、歯周病は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎とがあり、さらに噛み合わせに関係する咬合性外傷に分けられています。今回は歯肉炎と歯周炎についてお話します。


まず歯肉炎についてです。
歯周病の初期の段階では、炎症が歯と歯ぐきに起こり、歯と歯ぐきの境目が赤くはれたり、触れると出血したりします。健康な状態と比較すると、歯ぐきが腫れて盛り上がるので、歯肉と歯の境目の溝が深くなります。これを歯肉ポケット(仮性ポケット)と呼びます。この段階では、炎症を起こしている箇所が限られているので、早く発見して、歯と歯ぐきの周りのプラークを歯ブラシでキレイに除去すれば、健康な状態に戻すことが可能です。



歯肉炎の症状が進行すると、歯周炎となります。歯ぐきの腫れや出血だけでなく、歯と歯ぐきの境目の部分が壊れてしまい、隙間が深くなり歯周ポケットを形成します。その隙間にプラークが進入してしまうと、どんどん根の先の方まで破壊されていきます。根の先の歯根膜繊維や歯槽骨まで破壊されてしまうと、歯がグラグラと揺れるようになってしまい、最終的には抜けてしまうことがあるのです
症状としては歯ぐきの腫れ、出血、ポケットからの排膿、口臭などがみられます。歯ぐきの炎症が急激に生じると、高度な腫れや強い痛みを伴うこともあります。



歯周病はこれら症状がみられます。初期状態であれば健康な状態にすることもできます。ですが、症状が進行してしまうと最悪歯が抜けてしまいます。歯が抜けてしまってからでは新しく歯は生えてきません。
歯が抜けてしまわないように、しっかりと歯周病を予防しましょう。歯周病の予防にはオーラルジェルをオススメします。当院でも購入することが出来ますし、専用のHPでも購入することができます。

画像をクリックで専用HPへ移動します。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック スタッフ

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google+