Dr.大口ブログ

2014年11月 6日 木曜日

台湾の先生、ご紹介します

台湾講演を受講したいただいた歯科医師の方にサティフィケートをお渡ししました。40数名の歯科医の方に参加いただいたのですが、女性歯科医師が多かったことが印象に残りました。中山医科大学の学生さんも女性が半分くらいいたような気もします。サティフィケート授与シーンの一部をご紹介します。皆さん、今度は日本の講演会でお会いしましょう。

再見!日本的!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2014年11月 6日 木曜日

台湾歯科医師に講演しました

台湾講演では約40数名の歯科医の方に参加いただいたのですが、皆さんとっても熱心に聴いてくれました。質疑応答も活発で、真剣さが伝わってきます。質疑応答だけで30分くらいは費やしたような気がします。


デモと実習も行いましたが、机の上によじ登り、覗き込む女性歯科医師が印象的です。(プロジェクター下)
熱いね、台湾!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2014年11月 6日 木曜日

大口式台湾講演 案内書




台湾講演の案内書です。
台湾歯科医師の方にはこんな感じの研修会案内書(申込書)が事前配布されました。
案内書の雰囲気にもお国柄がでますが、漢字だからなんとなく意味もわかります。やっぱり台湾と日本は近い国です。

牙というのは「歯」という意味です。植牙とはインプラントの意味です。
首度というのはトップという意味らしいのですが、案内書に記載してある内容を簡単に訳してもらったのでご紹介します。

骨を拡げる方法である大口式のトップが台湾に来て講演をします。
専用器具と最高の骨拡大技術を学べる機会です。あなたもとっても薄い骨を拡げるインプラント法に挑戦してみませんか。

みたいなコピーだそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2014年11月 6日 木曜日

台湾高速鉄道

台湾中山医学大学への移動手段として台湾高速鉄道を使いました。
台北駅から台中駅まで58分ですから、名古屋ー大阪間位の感覚です。
写真を撮ってきましたので時系列にご紹介します。

台湾高速鉄道 
N700系に似ていますが700T系です。開業時期が2007年ですから、たぶん同じなんでしょう。「T」は台湾の700系という意味だそうです。


台北駅の改札


椅子の雰囲気も日本の新幹線とほとんど同じです。
横に座っているのは東京で開業されている鈴木光雄先生です。後席は添乗員の王さんです。王さんは名古屋に留学していた才女です。

車内では日本同様にお茶やコヒーのサービス(有料)があります。私たちは普通車での移動でしたが、グリーン車に乗るとお茶や軽食は無料とのことでした。
途中、2駅ほど停車しましたが、約1時間後には台中駅に到着です。
台北駅を朝9時の列車でしたのであわただしく写真もそれほど撮れなかったのですが、台中駅では面白い画像を撮影できましたのでご紹介します。


まずは駅弁コーナー。画像はロイヤルホストが運営する弁当販売店です。「日式」とあるのは日本式という意味です。


これはスターバックスです。コヒーをいただきましたが味は世界共通、美味しくいただきました。


こちらはセブンイレブンの店頭です。
台湾式のおでんコーナーでしょうか。殻付たまごが香辛料やお茶の葉などとともに煮込まれており、美味しそうな雰囲気です。


こちらは高速鉄道ホームから撮影した在来線ホームです。ちょうど在来線が停まっていましたが、オシャレなデザインの列車でした。鉄ちゃんではないので詳細は不明です。


切符販売機

この後、桃園駅まで高速鉄道を使い、そこからバスで空港まで移動して中部国際空港まで無事に帰国いたしました。
台湾、距離も雰囲気も非常に近い国でした。
我愛台湾!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

2014年11月 6日 木曜日

台湾 中山医学大学訪問

11月1日〜3日は台湾での講演会でした。
その最終日、台北から台中に移動して台湾中山医学大学口腔外科、陳教授を訪ねて訪問してきました。日本から講演に参加された方々の希望者の方もご一緒です。

陳教授

日本から参加された日本人歯科医師の方々

陳教授は神奈川歯科大学教授の児玉利朗先生にご紹介いただきました。非常に聡明でスマートな印象を受けました。お弁当をご用意していただいていたので、急遽、「大口式インプラント法ランチョンセミナーin台湾」の開催となりました。スライドでご紹介させていただいたのですが、熱心に耳を傾けていただき興味をもっていただけたようです。台中での講演会開催時には通訳や会場手配などご協力のお約束をいただきました。


中山医学大学口腔外科病院

中山医学大学病院

大学内設備も本当に素晴らしく、インプラントオペ室や特診室、CT装置など見学させていただいたのですが、最も驚いたのが、学生の活気です。若者に活気がある国はやっぱり元気なんだと思います。



中山大学訪問は今回の台湾講演の締めくくりとして、本当に素晴らしい出会いと感動をいただけた良い機会となりました。
謝謝!台湾
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 大口弘歯科クリニック | 記事URL

Google+