タバコと歯|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

タバコと歯

こんにちは!

昔から嗜好品としてタバコを愛用されている方もいるかと思います。
タバコには体によくない成分が含まれているので、最近では禁煙の場所が増えたり食事のさいにも分煙スペースが設けられたりと国全体でできるだけタバコは吸わないようにと取り組みが行われています。

タバコは体に悪い影響を与えますが、歯科にとってはものすごく天敵なのです。

歯科の観点からいうと、タバコを吸うことで歯周病になると言えます。
喫煙者は禁煙者に比べて抵抗力がとても衰えてしまいます。そのため歯周病菌に対して負けてしまい症状の悪化を早めてしまいます。また、口の中に炎症ができてもなかなか治らないので治療期間が長引いたり、思ったような成果をあげられない等があります。

タバコの煙には有害な成分が含まれています。
煙を吸うことでタールで歯が汚れてしまい、細菌が付着しやすくなります。その部分で細菌が増殖され歯石へと変化してしまいます。また粘膜や歯ぐきからも有害な成分が吸収されるので、体の免疫力の低下や毛細血管が縮小したり、骨の修復などの働きをする細胞の動きを悪くしてしまいます。
これらの悪い作用によって、歯周病菌が暴走し歯ぐきが壊され、歯を支える骨も溶かされてしまい歯周病になってしまいます。

また、口の中のガンの原因ともなります。
ガンと喫煙の関係を日本の期間が調べたところ、ガンによる死亡は40%が喫煙によるものだと考えられているそうです。男女差はありますが、ガンの原因となってしまうということは明白です。タバコによる死亡リスクでもっとも高いのが口頭ガンです。さらに肺ガンや口腔ガンなど、いずれも煙の通り道になる部位がガンになってしまいます。

そして一番知って頂きたいのが、吸う人よりも周りの人の方が有害だということです。
タバコには吸う人の部位にフィルターがあるため、燃えている側、主流煙に比べて有毒な成分は入っていないのです。燃えている側の煙を「副流煙」といい、タバコの成分がすべて煙に含まれてしまいます。この副流煙の方が有害物質の濃度が濃く、主流煙の4倍の物質や20倍の物質もあるのです。

タバコがいかにおそろしいものかはさまざまなメディアで伝えられています。
今一度喫煙について考え直してみてはいかがでしょうか?
自分の健康のためだけではなく、家族や友人、周りの人のために禁煙をすることを強くすすめます。
歯科の観点からも喫煙はさまざまな病気になるリスクがあります。
しっかりと歯を磨いたところでは歯に付着したヤニをキレイにとることはできませんので、定期的にクリーニングへくることもすすめます。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

 

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ