岐阜市でインプラントをお考えなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

[診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)

大口式インプラント法について

医学博士大口弘が開発した大口式インプラント法とは?

大口式インプラントは、インプラント先進国であるアメリカで安全性・独自性が認められ、米国国際特許を取得しています。

医学博士である当医院の院長 大口弘が30年あまりかけて考案・開発を重ね、実績を上げてきました。
その革新的な術式は、現在ではさまざまな歯科医院で導入され、
約1700人ものインプラント医師が大口式インプラントを行えます。
今や、数あるインプラント法の中でもスタンダードになりつつある技術といえます。

大口式インプラント最大の特徴は、ドリルをほとんど使用せず、鍼灸に使うような細い針を使用し、
骨の表面に小さい穴を空け、その穴を少しずつ広げながら人工歯根を入れていくため、骨を削りません。
また、骨の特性である、縮まろうとする動きを利用して、余分なスペースをつくらず、
すき間もつくらない、無駄のないインプラント法です。

大口式インプラント法の特徴

骨を削らず鍼灸治療で使用するような細い針を使う

大口式インプラント法は、一般的なインプラント法とは異なり、ドリルをほとんど使用せず、鍼灸治療で使用するような"極細の針"を用いて骨の表面に穴を空け、その穴を少しずつ広げながら、人工歯根を入れていきます。ほとんど骨を削らず人工歯根を埋入できるため、痛みもなく、傷もごくわずかで、大きな出血心配もありません。

手術はほぼ1回で完了

通常のドリル式のインプラント法では、3~4回程手術を行わなくてはいけない場合が多く、患者様のご負担もその分増えてしまいます。
大口式インプラント法はほとんどの場合、手術回数が1回で済むので、患者様のご負担を軽減できます。

骨が細くても、骨移植なしで治療が可能

通常のインプラント法では、骨が細くインプラント手術が難しい場合、特殊な病院で腰の骨を骨移植する方法や、サイナリフト(頬の横から穴をあけて上顎洞をあげる)などの大掛かりな手術を行う事になりますが、大口式インプラント法の場合、鍼灸治療で使用するような"極細の針"を用いて骨の表面に穴を空け、その穴を少しずつ広げながら、人工歯根を入れていきますので、骨移植などの治療は不要です。

通常のインプラントとの違い

大口式インプラント法

大口式即日機能インプラントALL ON 4

総入れ歯の方、欠損の大きな部分入れ歯の方に、一日でインプラントを植えて固定式ブリッジ、もしくは半固定式ブリッジを装着する画期的な治療法です。

大口式インプラント法は骨をドリルを削らないため、歯茎を大きく切開する必要がありません。
そのため痛みや腫れがほとんどなく、手術当日には美しい歯を装着することができます。

通常のドリルを使うALL ON 4(オールオンフォー)に骨を削らない大口式を取り入れた、飛躍的に改良・改善された「より安全なオールオンフォー」です。

詳しくはこちら

大口式インプラント法 手術の流れ

  • 01.カウンセリング

    治療に来られる患者様は、大変不安をお持ちだと思います。
    当院では患者様とのコミュニケーションを大切にし、カウンセリングでは親身になって、手術の不安・恐怖を和らげられるよう、お話させていただきます。
    治療に進むには患者様の承諾が必要です。納得がいくまでカウンセリングを何度でも行います。

  • 02.ご契約

    カウンセリングにて、手術の内容にご納得いただけましたらご契約です。
    お支払方法等のご相談もお受けいたします。

  • 03.オペの予約・準備

    日程を決め、オペに向けて準備をします。
    患者様の歯の模型を作り、レントゲンを撮影させていただきます。

  • 04.オペ開始

    手術中は、なるべくリラックスしていただけるよう、心がけています。
    オペが完了したら、消毒を行います。
    その後、インプラントが骨と生着するまで数ヶ月かかる場合もありますので、経過を観察しつつ、2次オペについて決めていきます。

  • 05.2次オペ

    インプラントが骨と生着したら、歯の土台を取り付けます。

  • 06.上部構造完成

    噛みあわせを確かめながら、クラウンを取り付けます。

  • 07.メンテナンス

    インプラントを長くご使用いただくために、定期メンテナンスにお越しいただきます。