OAMインプラントとは|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

OAMインプラントとは

こんにちは!

OAMインプラントをご存知でしょうか?これはOhguchi Agmetation Methodの略で、大口式インプラント法のことを指します。今回は大口式インプラント法についてお話します。

 

 

ドリルを使わないインプラント手術法

インプラント法にはさまざまな種類があります。ドリルを使用する一般的なものから、とても長いザイゴマインプラント、ガイドを使用したガイドインプラントなど、術式は多種多様にあります。それらの手術法はすべてドリルによる窩の形成を行いますが、OAMインプラントはドリルを全く使用しない手術法です。

大口式(OAM)インプラント法は、極細の針を使用します。この針は鍼灸で使用するようなとても細い針で、この針を骨に刺すことで起点となる窩を作ります。その後、専用の器具を使用してその窩を徐々に拡大させていき、最終的にインプラントが入る大きさまで拡大させることができるのです。

この術式によりドリルを使用することによる危険性をほとんどなくすことができます。さらに、骨を削り取らないため、出血や痛みがほとんどないのも特徴です。さらに骨の特性を生かしているため、骨とインプラント体の結合が一般の手術法に比べると固定が強いことも特徴の一つです。

大口式インプラントはドリルを使用しません。そのため、骨がやせて細くなってしまっている方に対しても手術をすることができ、そしてその時の骨の骨頂部をまったく無駄にすること無く手術をすることができます。

通常、骨がやせてしまっており骨頂部が狭窄している場合、骨頂部を削り落とすか、骨高が足りない場合には骨移植など増骨オペをする必要があります。しかし、大口式インプラント法はこういった前処置をすることなくインプラントを埋入することができます。

インプラントを考えているという方、どんな悩みでも構いませんので、一度当院にご相談してみてはいかかでしょうか?

お気軽にお問合せください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ