口の中の絆創膏とは|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

口の中の絆創膏とは

こんにちは!

みなさんは口の中を怪我したとき、食事が嫌になってしまいませんか?口内炎であったり、何かをぶつけて切ってしまったりすることはあると思います。そんな時に使えるのが口の中の絆創膏です。

 

 

Oea-Aid(オーラエイド)

怪我をした部分を保護するときに使われるのが絆創膏ですが、それの口の中専用のものがあります。

Oea-Aid(オーラエイド)という商品で、これを傷口に貼ることで外部からの刺激を抑えるだけでなく以下の効果があります。

  • 食物、細菌およびタバコの煙から口腔内創傷を保護
  • 口腔内創傷の止血および早い治癒を促す
  • 二次感染を防ぐ
  • 創傷部位の炎症・痛みを軽減する
  • 矯正からの傷跡を防ぐ
  • フッ素の消失または敏感な歯の保護
  • 総合糸によって引き起こされる刺激から舌を保護する
  • 外科手術後にうれしいリフレッシュ味
  • ミント風味が口臭を軽減
  • 唾液による自己接着
  • 様々な形やサイズに簡単にカット可能
  • 親水性ポリマーを用いた強力な接着
  • 安全で使いやすい
  • ビタミンE含有

どうしても痛くて食事をとることができない場合や、傷口の保護に使用したいという方は、かかりつけの歯科で相談してみるのも一つの手です。

 

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ