岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

骨を削らないインプラント治療とは

インプラント治療を受けたいがなんとなく怖いと感じている方もみえると思います。

昔から、怖いのはわからないことだから、よく知らないことだからと言われます。たとえば幽霊。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とは幽霊と思って怯えていたのが、ススキが揺れる音だと分かった瞬間に不安から解放されます。※尾花とはススキのこと

インプラント治療を怖いと思っている方のほとんどは、骨をドリルで削るというイメージが怖いようです。

 

私がを削らないインプラント治療を考えた理由とは

人工歯根タイプのインプラント治療が日本に紹介されたのは1980年代です。

すでに歯科大学を卒業してブレードタイプという板状のインプラントを使用する治療を行っていましたので、インプラントという言葉には新鮮味を感じませんでしたが、人工歯根タイプで骨と結合するオッセオインテグレーションという新しい概念には驚きを隠せませんでした。それまでのブレードタイプインプラントは骨に埋め込んで機械的に維持することで骨から外れないようにする方法です。形状記憶合金を使用して骨の中に埋め込んでから形状が変化し、より骨内に維持されるように工夫された優れもののブレードインプラントもありました。これはこれで良い方法でしたが、骨とインプラントが生理的に結合する人工歯根タイプのインプラントは失った歯の再生医療に最も近い歯科治療だと感じました。

しかし、人工歯根を埋めるための孔(あな)を骨に開けるにはドリルを使用しなければならず、孔を開けるだけの骨の量が必要でした。ところが日本人は身体と同様に顎の骨も華奢な方が多く、特に歯が抜けると骨はさらに吸収して細くなります。そのため、骨が細い方は他の部分から骨を採取して歯の抜けた部分に移植して骨を太くする移植手術を受けなけらばなりませんでした。

 

■歯科医師は外科医

歯科医師は歯を削って被せ物を装着したり、歯を抜いたり、歯ぐきを切ったりと、医科の世界でいえば外科医と同じことをしていますので、もともと外科が好きな傾向にあると思います。(あくまで主観です)

したがって、インプラントをするために骨の移植をするということにそれほどの抵抗を持たないのかもしれません。ただし、顎の骨には太い血管や神経が通っている場所もあり、安易に削ったり、切ったりすることに疑問を感じていました。しかも当時はCTなんてありませんので骨の形も骨の状態を客観的に判断することは不可能でした。危険とは独りよがりな考え方や根拠のない自信と”慣れ”から生まれます。何も考えずにインプラントを行っていてはいつか必ず事故が起きるのではないかと不安を感じていました。振り返ってみれば不安を感じていたからインプラント治療に対して慎重になり、毎回考えるようになり、リスクを回避できていたのかもしれません。

そのように考えている時に骨の幅が約2ミリでしかも下顎の硬い骨という超難症例の方がインプラントを希望されて来院されたのです。

 

■超難症例が考案のきっかけ

この方はまだまだ若い方で入れ歯にするのも虫歯でもない歯を削ってブリッジにするのもかたくなに拒否されました。絶対にインプラントということで、どうしようかと考えたあげく、骨を拡げる手術方法を思いついたのです。その手術方法を成功させるには市販の器具では対応できないこともわかり、専用の器具をみずから設計して医療器具メーカーに作ってもらったのが現在の大口式インプラント法の始まりです。大口の「O」、骨を拡げる、増大させるという意味のオグメンテーションの「A」、メソッド(方法)の「M」の頭文字をとってOAMインプラント法と呼ばれることもあります。

同じころ、女性の患者さんで骨粗しょう症のような骨の軟らかい方もインプラント治療を希望されて来院されています。この方にドリルを使う既存の方法では骨が軟らかすぎてインプラントが固定できないと考えていました。この方には骨をドリルを使わず、骨を削らず、骨を固める方法を行ないました。これも大口式インプラント法の特徴のひとつです。

つまり、インプラント治療が難しいと思われた一人の若者と、骨が軟らかくてインプラント治療には不向きと思われた患者さんが強く強く希望されたことがきっかけです。今でもその患者さんはメンテナンスに来院されてインプントを使っていただいています。

 

 

 

骨を削らないインプラント治療とは

骨を削らないインプラント治療がもたらす恩恵は、

・細い骨でも骨移植が不要になる

・骨が軟らかい場合にはインプラントがしっかり固定できる

・骨の中や近接している血管や神経を傷つけない

ということになります。また、実際に骨を削らないインプラント治療を受けられた方でドリルでのインプラント治療の経験がある方に感想を伺うと、ドリルによる音や振動がなかったこと、骨を削られないことがあらかじめ分かっているので落ち着いていられたと言われます。静脈内鎮静下麻酔を受けられる患者さんには麻酔が生体モニターで脈拍、血圧、血中酸素濃度を監視しますが、血圧の変化が少なく患者さんが落ち着いていると報告されますので、数字的にもそうなのでしょう。

 

まとめ

骨を削るからインプラント治療が怖いと感じている方は骨を削らない方法もあることを知っていただくと、ブリッジや入れ歯の苦痛から解放されます。さらに詳しくインプラントについてお知りになりたい方は遠慮なくご連絡ください。

 

 


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ