岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

体のバランスにはマウスピース

こんにちは!

みなさんはマウスピースをはめたことがありますか?普通に生活している人ですとあまりなじみがないかもしれません。しかし、マウスピースには身体の調子を整える効果もあるのです。

マウスピースと聞くと、ボクシングなどの格闘技などで使われているイメージが強いと思います。これは、接触の多いラグビーなどでも使用され、プロテクターとしての効果があるので着用が義務付けられているのです。

歯科の分野から言えば、歯ぎしりや噛みしめなどを防止する効果もあります。マウスピースを着用することで、歯を摩耗せず健康な歯を維持することができます。歯ぎしり等は歯に影響があるだけでなく、頭痛や肩こりなど体にも影響があるのです。

ですが最近ではマウスピースを着用することで運動能力があがるといわれています。科学的には照明はされていませんが、マウスピースをつけることでスポーツの成績があがるといったことも過去にはありました。ゴルフの大会中にある選手が、「マウスピースをつけて打つと飛距離が伸びる」と話したことで、器具を使用して飛距離を得たと判断され失格処分を受けてしまったのです。

実際にマウスピースのおかげで飛距離が伸びているのか、打ち方がよくて伸びているのかは不明ですが、実感できる成績がを得ているのであれば本当に効果があるといえますね。

普段はあまり気にならないと思いますが、噛み合わせは体のバランスととても関係があります。例えば右側でばかり噛んでいる方は片方に力が入るので体のバランスもどうしても傾いてしまいます。姿勢の悪さも噛み合わせと関係があるんです。
ですが、マウスピースを使い正常な噛み合わせにすることで姿勢もよくなることもあるのです。噛み合わせがいかに大切かが分かりますね。

噛み合わせは歯並びがキレイな人でも正常ではない場合があります。自分の歯並びが正常かどうか、一度歯科で診断してもうといいでしょう。噛み合わせの場合も矯正装置を使用して正常にする必要があります。気になるという方は是非一度かかりつけの歯科で聞いてみましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ