乳歯とすきっ歯|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

乳歯とすきっ歯

こんにちは!

 

乳歯が生えてきたとき、子供の成長を感じますよね。ですが、歯と歯の間に隙間が見えると、ちゃんときれいな歯並びで生えてくるのかどうか心配になる方も多くいらっしゃいます。

そんな乳歯のすきっ歯についてお話します。

 

 

まずすきっ歯とは歯と歯の間に隙間があることを意味します。これは大人の場合食べ物が挟まることや、口を閉じていても空気が出入りしてしまいドライマウスの原因にもなると言われています。

では、子供のすきっ歯はどうでしょうか?

乳歯は永久歯よりも一回り小さいのが特徴です。また口の大きさも大人と子供では違います。

乳歯は全部で20本に対して、永久歯は28本と多く生えてきます。そのため、体が成長するとともに、口の大きさ、顎の大きさがどんどん大きくなっていくのです。

もし、乳歯の状態で歯がきれいに並んでいるとどうなるでしょうか?

 

答えは永久歯が無理やり生えてきます。

乳歯が抜けたスペースは本来あった乳歯の多きさ分しか隙間がありません。その隙間に乳歯より一回りも大きい永久歯が生えてきてしまうと、隣接する歯を押しのけて生えてくることとなり、生えきったときにはいがんでいたり、すこしねじれた状態で生えてきてしまいます。

1本の歯だけでなく、すべての歯が同じように生え変わってしまうと、歯並びは乱れた状態になってしまいます。

 

そうなってしまわないためにも、乳歯の内に隙間を作ることが重要です。

まだ小さいお子さんの場合は、固い食べ物や噛む回数を多くすることで、顎が成長して歯と歯の間に自然と隙間が生まれます。

また歯列矯正を行うことも大切です。矯正治療の中には顎を大きくさせる装置もあります。今のお子さんの歯並びをみて、早い段階で歯科へ相談に行くこともおすすめです。

矯正治療は子供だけの治療ではありません。すでに成人した方でも矯正治療を行うことができます。

当院オリジナルの矯正治療は他人にばれることなく、家にいる間だけ装置を装着することで歯並びがきれいになる方法です。

気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

 

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ