歯が生えてこない!|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

歯が生えてこない!

こんにちは!

みなさんはすべての歯が生えてきていますか?なかには生まれつき歯が生えてこない場合もあります。

 

 

人間は母親のおなかの中にいる間に目や口、心臓、手足など、さまざまな器官が作られていきます。それらと同じように歯となる成分が作られています。そして生まれたから数か月したとき、歯のもととなる歯胚は成長し歯となって歯茎から萌出します。そして乳歯の下には同じように永久歯の歯胚があり、成長とともに乳歯を押し出し永久歯が生えてくるのです。

この歯胚は通常誰しも作られているのですが、何らかの原因で歯胚が作られない、あるいは歯胚が作られすぎるということが稀に起こります。

歯胚が作られていない場合、その部分には歯が生えてきません。これを先天性欠如歯といい、歯がまったく生えてこないものです。歯茎の中に埋まっている状態の歯は、レントゲン撮影をすることで確認することができるので、お子さんが心配という方は、一度検査をしてみるのもよいでしょう。

また逆に通常は片側親知らずを含めず7本、上下左右の合わせて28本の歯が生えてくるところ、親知らずを含めた4本とは他に、9本目の歯が生えてくることがあります。これを過剰歯といい、余分な歯として生えてきてしまいます。

過剰歯の多くは未熟な歯であるため、通常使用には使えない形状であったり、生えてくる場所がないために無理やり生えてくることもある歯です。これもレントゲン撮影で診察することができるので、永久歯が生えてくるころに検査も兼ねて診察してもらいましょう。

 

歯が生えていない部分は治療をして歯を入れて使う必要があります。治療法としては入れ歯やブリッジ、そしてインプラントといった治療法があります。年齢や状況、費用などによって考えは様々ですので、その都度相談して治療計画を立てていきましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ