口臭の悪習慣|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

口臭の悪習慣

こんにちは!

口臭について話したいと思います。

今回は口臭を悪化させてしまう習慣についてです。

朝、口臭が気になるため歯磨きをしても、時間が立つと口臭が強くなっている気がする・・・と思う方はいませんか?
口臭は生活習慣とも関わりがあり、問題があると口臭を発生する原因にもなってしまうのです。
口臭は口の中の最近が増殖することによって悪臭を発生させています。それを唾液の殺菌力によって増殖を抑えているのです。
ですが、唾液の分泌が減少するような生活をしていると口臭の原因となってしまうのです。

見直すべき生活習慣、まずは歯磨きです。
特に就寝前の歯磨きはとても大事です。歯磨きをせずに寝るということは、口の中の口臭の原因菌にエサを与えているのと同じです。食べカスをエサに細菌は増殖するので、寝る前には必ず歯を磨くようにしましょう。

 

次に朝食です。
みなさんは朝食はしっかりと食べていますか?
朝食を抜いてしまうと、一日のエネルギーを蓄えられないだけではなく、口臭の原因にもなるのです。食事をとることで唾液の分泌を促進しますが、朝食を抜いてしまうことで、唾液の分泌は悪くなります。朝方ということもあり、もともと唾液の分泌力が低下しているので更に口臭がひどくなってしまうのです。

 

また、食事の際にはしっかりと噛みましょう。良く噛むことで、唾液線が刺激され唾液の分泌が促進されます。また満腹中枢の刺激により、食べすぎを防いで肥満防止にもなります。早食いは胃にも大きな負担となるので、ゆっくりと良く噛んで落ち着いて食事をしましょう。

 

食後に歯磨きをすることも大切です。ただ、朝起きた時は、食前にも歯を磨いた方がいいかもしれません。朝起きた時は、寝ている間に細菌が増殖します。そのままの状態で朝食を食べると、細菌ごと体内に入れるのと同じなので、出来れば朝食前の方がいいでしょう。

 

ドライマウスも口臭の原因です。口の中が渇いていると唾液の分泌量も減ってしまいます。適度に水分を補給することで口の中をうるおしましょう。
また、ストレスや不安、疲労も唾液分泌の妨げとなります。ストレスなどから胃酸の逆流が起きてしまうと、口臭の原因にもなるので注意が必要です。軽い運動やバランスの良い食事をしましょう。

 

そして、アルコールも口臭の原因となります。
アルコールは胃で吸収され、肝臓で分解されて、強い悪臭成分でもある「アセトアルデヒト」になってしまいます。またアルコール自体にもニオイがあるので、翌日の口の中に影響を与えます。

どうでしょうか?
口臭の原因、それは唾液の分泌が大きく関わってきます。
唾液は口臭を抑制するだけではなく、口の中をキレイにする自浄効果もあります。健康に過ごすためにも唾液をしっかりと分泌できるような環境づくりが必要ですね!

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

 

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ