歯ぎしりしていますか?|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

歯ぎしりしていますか?

こんにちは!

 

みなさんは歯ぎしりをしていませんか?子供から大人まで多くの方が無意識のうちにおこなっていることがほとんどです。

ですが、歯ぎしりの原因ははっきりとはわかっていないのです。

 

ダウンロード

 

日常的に蓄積されたストレスを発散するためにおこなっているのではないか、という考えが主流ですが、噛み合わせがあっていないのを無意識に調整しようとしているのではないか?という考えもあります。

そのため、乳歯と永久歯が混在する混合歯列期には多くのお子さんが歯ぎしりをすると説明している先生もいらっしゃいます。

 

どちらの原因も考えられる上に、多くの方が歯ぎしりをおこなっているのであれば問題ない、と考えるのはよくありません。

歯ぎしりは無意識におこなわれるため、力加減を調整できません。そのため歯が大きく擦り減ってしまったり、最悪の場合破折してしまうこともあります。

歯ぎしりの強さは人それぞれです。ですが、どんな人もすり減りや破折の恐れがあります。

そこで重要なのが、歯ぎしりのコントロールです。

歯ぎしりがストレスからくるものであればストレスを無くせば良いのですが、ストレスを0にすることはほとんど不可能です。なので歯ぎしりをしてもいいようにマウスガードを作成するようにしましょう。

就寝中に使用するマウスガードをナイトガードといいます。ナイトガードを使用することで、直接歯と歯が擦れることを防ぐとともに、歯ぎしりの強さをナイトガードのすり減り具合で判断することができます。

歯科での診察時に歯ぎしりがあると診断された方、それは歯のすり減りが大きいからです。歯が悪くなってしまう前にナイトガードの作成をお願いしましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

 

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ