名古屋、岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|名古屋、岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

毎日の歯磨き

こんにちは!

みなさんは歯磨きをしっかりとしていますか?歯を磨くことは食後の汚れを落とすことや口の中で増えた細菌を取り除く作業です。しかし、タイミングによっては歯を傷つけることもあります。

 

 

歯を磨くタイミングは起床後、食後、就寝前がほとんどだと思います。

朝起きた時、口の中の菌の数は最大数いるといわれています。それは寝ている間に口の中で増殖してしまうからです。そのため、起きてすぐ、朝食を食べる前に歯を磨くことが望ましいです。

朝食を食べた後に歯を磨く方もいらっしゃいますが、先にご飯を食べてしまうと口の中の菌を体内に入れてしまうことにもなります。なので先に歯を磨き、食事をすることをお勧めします。

 

 

食後の歯磨きについてですが、食べてすぐに歯を磨く方がいますが、これが歯を傷つける原因となる場合があります。食事をすると口の中の状態は酸性へと変わります。その時菌は活発に活動を始めます。虫歯になる原因の一つはこの酸性の状態が長く続くことにあります。

食事をすると酸性になるため、お菓子を食べたり、ジュースを飲んだりと一日の中で酸性が中和されるタイミングを作れないと虫歯はどんどん進行してしまうのです。

中和をするために必要なのが唾液です。唾液は口の中を浄化する働きと酸性を中和させる役割を持っています。

そのため、食後は時間をおいて口の中を酸性から中性へと変化させる時間が必要となります。

 

口の中が酸性の時に歯磨きをすると、歯の表面が酸で少し溶けているところにブラシをこすりつけてしまうため、歯を傷つけてしまう恐れがあります。そのため、歯磨きは食後30分ほどおいてから行うことが望ましいとされています。

もちろん仕事や学業の都合で難しい場合もあると思いますが、歯を大切にするためにも少しでも時間をおくことも必要です。

 

そして最後に就寝前の歯磨きですが、これは最も重要といってもよいかもしれません。

起床時には口の中の菌は最大数になるといいましたが、寝る前の歯磨きでいかに口腔内の菌を減らせるかがカギとなります。万が一歯を磨かずに寝てしまった場合、起床時の菌の数はとてつもない数になってしまいます。

歯を磨いてから寝る、といった流れを習慣づけることがとても大切です。

 

歯磨きは歯を守るうえで大切な習慣です。自分の歯磨きを見直し、いつまでも健康な歯でいられるように心がけましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


スタッフ

岐阜県岐阜市にある「大口弘歯科クリニック」のスタッフブログです。 身近な話題や最近の歯科情報など紹介しています。

> 記事一覧

グループ