岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラントとは?

こんにちは!

歯科では今、インプラント治療をおススメしている歯科が非常に増えてきました。ですが、そもそもインプラントとはいったい何なのでしょうか?

 

 

インプラントとは一言で、体内に入れられる組織のことを言います。そのため、インプラント治療は歯科だけではありません。骨折して骨と骨を固定するときに使用される金属などの材料のことをインプラントと呼ばれています。

歯科におけるインプラントとは、歯の根っことなる部分の代替品のことを言います。主に金属、チタンでできており、人体には影響がないといわれています。メーカーによってはインプラント体すべてがジルコニアでできたジルコニアインプラントを取り扱っているメーカーもあります。

このインプラントを植える、埋入する手術をインプラント手術といい、骨に穴をあけてその穴部分にインプラントをいれる外科手術となります。

骨の大きさは人それぞれ違うため、埋入する難易度は骨の状態によって大きく異なります。骨がやせて細い場合、インプラント入れるためには不十分なため骨を増やす手術が必要となります。これを骨移植、あるいはGBRといい、インプラント埋入手術とは別で手術が必要となるのです。

これらの骨を増やす手術は、手術後に1年以上の長い期間安静にし、自己の骨と移植した骨が結合したうえでインプラントを入れなければなりません。そのためインプラントを入れたいと考えてから2年、3年も期間が必要となる場合があります。

 

こういった手間や余分な手術時間、費用を削減しより効率的にインプラント埋入ができる手術法が大口式インプラント法です。これは骨がやせていても骨移植の必要なくインプラントを埋入することができます。手術回数も少ないため体への負担が少なく済みます。

 

大口式インプラント法について不明な点などありましたらお気軽にお問合せください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

 


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ