岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

歯にしみる?

こんにちは!

 

夏になるとアイスやかき氷といった冷たいものを食べたくなる季節でもあります。そういった冷たいものを食べた時、キーンとしみる感覚がある方はいませんか?それは知覚過敏かもしれません。

 

 

知覚過敏とは、歯の表面を覆うエナメル質がない部分、象牙質と呼ばれる部分が露出しており、そこから神経に刺激が伝わることを言います。

本来であれば歯の露出している部分はすめてエナメル質が覆っているので象牙質が露出することはないのですが、なんらかの原因で象牙質が露出してしまうことがあります、

原因の一つは虫歯や歯周病といった口腔疾患です。虫歯はみなさんも想像ができるように、歯を溶かす病気のため、溶かされたエナメル質の間から象牙質が露出してしまうことがあるのです。変わって歯周病は歯の周りの骨を溶かす病気です。骨がなくなってくると同時に歯茎も下がってしまうため、歯茎の歯科に隠れた歯が露出して、しみるという症状が現れます。

しみると感じる方はこれら口腔疾患の疑いがあるかもしれませんので、早めに歯科で診察を受けましょぅ。

 

歯茎は歯周病以外でも下がることがあります。その多くは歯磨きによる外傷です。歯を磨くとき、ごしごしとブラッシングする力が強すぎると、歯茎はダメージを受け、少しずつ下がっていきます。そのような歯磨き方法を長く続けていると、いずれ象牙質が露出してしまい知覚過敏となることが多いです。口腔疾患がないのに歯がしみるという方は歯茎下がりがあるかもしれません。

 

歯茎が下がってしまうともとに戻すことはとても困難です。なのでそうならないためにも予防が大切です。日ごろの歯科検診で口腔疾患の早期発見、早期治療を行い、ブラッシングが悪い場合は歯科での指導を受け、健康に過ごせるように心がけましょう。

 

今回、冷たいものがしみることを重点に話をしてきましたが、冷たいものがしみる知覚過敏は軽度といわれています。これが熱いものでもしみるようになると重度の知覚過敏ともいわれているので、すぐに歯科での診察を受けましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ