岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラントの怖さ

こんにちは!

 

インプラント治療は現代の歯科治療の中でももっとも優れた治療といえます。それは入れ歯やブリッジと異なり他の歯を犠牲にしない治療法だからです。しかし、インプラント治療はメリットデメリットをしっかりと理解した上で治療を受ける必要があります。

 

 

インプラントを埋入するとき、もっとも重要なのが骨の形状です。骨が太く神経までの距離が十分確保されている場合、ドリルを入れる角度だけ気を付ければ事故のリスクは少ないです。しかし、骨が細い場合やS字の形状をしていたり、神経までの距離が短い場合は事故のリスクがとても高いです。

そこで重要なのがCT撮影による骨の形状の把握です。骨の形を理解することでどの向きでどの角度でインプラントを埋入すればよいのか、あらかじめしっかりとシミュレーションしておく必要があります。

理想的な角度を計算したうえで実際に骨に穴をあけインプラントを埋入するわけですが、もし万が一神経に傷をつけてしまった場合、大量出血により最悪の場合は死に至るケースがあります。

またオペ前の診断では埋入可能という場合でも、実際に剥離切開をしてみると診断とは違う場合もあります。これはCTレントゲンの精度などにもより映りが悪く誤差が生じることもあります。そうなるとオペを行えないというケースもあります。

 

インプラントは外科手術のため危険を伴う治療です。しっかりとリスクを理解し、なるべくリスクを回避できる方法で手術をするよう心がけましょう。

大口式インプラント法はドリルを使用しない手術法です。そのため、骨の状態によって難症例な場合でも手術が可能です。それも骨移植などが必要と診断された場合であっても一度のオペでインプラント埋入が可能です。余計な手術費用も掛からず歯が入るまでの期間も短くて済みます。

 

お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ