名古屋、岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|名古屋、岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラントと骨移植

こんにちは!

インプラント治療を考えている方の中には骨がやせてインプラントを埋入できないという方もいらっしゃいます。ですが、骨移植を行うことでインプラント治療を可能にすることができます。今回は骨移植についてです。

 

 

歯の周りの骨を溶かしてしまう歯周病。この歯周病によって歯を失ってしまう方はとても大勢いらっしゃいます。そしてその後インプラント治療を希望される方も多くいらっしゃいます。

しかし、歯周病によって歯の周りの骨が溶かされてしまうと、その部分の骨がなくなってしまうためインプラントを埋入することができないケースもあります。そこで骨移植手術を行うことでインプラント埋入を可能にすることができます。

骨移植とは他の部位から骨を移植し、あごの骨と移植した骨がきれいにくっつくまで期間を置くことであごの骨を太くしインプラントを入れることができるようにする手術です。ほかの部位というのは、あごの別部分であったり腰やお尻の骨ともいわれています。イメージができるように大掛かりな手術が必要となります。

骨がないという方はこういった大掛かりな手術をしたうえでインプラント埋入をするケースもあります。また骨移植は必ずしも移植した骨がきれいにくっつくわけではありません。中にはくっつく過程において自然と萎縮してしまい想定しているよりも少ない部分しか移植できないというケースもあります。

 

このように骨移植にはメリットもありますが、デメリットもあります。こうした前処置を必要としない手術方法は無いかと考えて、開発されたのが当院で行っている大口式インプラント法です。骨をドリルで削らず、鍼灸で使うような細い針を使用しインプラントの穴を作る手術方法です。骨は弾性に富んでいるため、ある程度拡げることができ、その特性を生かした手術方法のため、やせている骨でもインプラントを入れることが可能です。

歯でお悩みの方はお気軽にお問合せください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ