子供のすきっ歯|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

子供のすきっ歯

こんにちは!

子供の歯並びは将来の歯並びに大きな影響を与えます。そのため、自身の子がどのように歯が生えているのかとても気になることと思います。そこで今回は子供の歯並びについてお話します。

 

 

子供は歯が生えてくるタイミングが人それぞれ異なります。早い段階で歯が生えてくる子もいれば、なかなか生えてこない子もおりさまざまです。ですが、生えてくる時期についてはそんなに気にしなくても大丈夫です。むしろ、生えてきたときには早めに予防を行う必要があります。

歯はまず前歯から生えてきます。その後隣接する歯が徐々に生えてくるわけですが、この時には歯並びの乱れはあまり目立ちません。その理由は何もないところに歯が生えてくるため、邪魔するものがなく自然ときれいな歯並びで生えてくるからです。

歯並びが乱れてしまうのは主に乳歯と永久歯が混在する時期です。

乳歯より一回り大きいのが永久歯です。そのため、乳歯が抜けて下から生えてくる永久歯は大きさの分だけスペースが必要となります。しかし、生えてくるタイミングの時にスペースの確保ができていないと、永久歯は無理やり生えてくるため向きが変わってしまいます。

重要なのは、子供のころの歯並びです。永久歯が出てくるために必要なスペースが確保されているということは、乳歯間の隙間がなければいけないのです。

子供の歯並びがすきっ歯で心配される方も多くいらっしゃいます。しかし、その隙間は永久歯が生えてくるために必要な隙間のため、心配する必要はありません。ですが、その隙間に食べ物が詰まり、虫歯の原因となってしまう恐れはありますので、歯磨きの時にはよく磨くよう指導しましょう。

すでに永久歯が生えてきて歯並びが悪いという方も、矯正治療を行うことで歯を動かすことができます。あごの大きさは噛むことで成長するため、よく噛んで食事をするよう心がけましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ