大口式インプラント開発者大口弘の歯科医院はこちら|岐阜県・愛知県・三重県、日本全国から多数ご来院いただいております。

[診療時間] 9:00~12:00 / 14:00~18:00 [休診日] 木曜日・日曜日

インフォメーション

大口歯科クリニック院長 大口弘

米国特許取得 大口式インプラント開発者

大口式インプラントは、インプラント先進国であるアメリカで安全性・独自性が認められ、
米国国際特許を取得しています。

大口式インプラント法は、医学博士である当医院の院長 大口弘が30年あまりかけて考案・開発を重ね、実績を上げてきました。
その革新的な術式はさまざまな歯科医院で導入され、
今や、数あるインプラント法の中でもスタンダードになりつつある技術といえます。

大口式インプラント最大の特徴は、ドリルをほとんど使用せず鍼灸に使うような細い針を使用し、
骨の表面に小さい穴を空け、その穴を少しずつ広げながら人工歯根を入れていくため、骨を削りません。
また、骨の特性である縮まろうとする動きを利用するので、余分なスペースもつくらず、
すき間もつくらない、無駄のないインプラント法です。

院長 大口弘

魂のこもった治療で100%本物の医療を

日本の歯科医院は今、修理・修繕的な歯科医療を行っていますが、そこからは脱却し、「ちょっとした虫歯があったら、すぐに削って穴をあけ、それを埋めるだけ」そんな考え方を変えていきたいと思っています。
私が目指す歯科治療は、健康を回復させるだけでなく、より健康にするという健康回復増強を目指しています。
その場しのぎではない、本当の歯科治療で、患者様一人一人に魂がこもった治療をしていきます。

治療することは手段であって、目的ではありません。
患者様を健康にすることこそが私たち歯科医の任務だと考えています。
今までこれからもずっと、「100%の本物の医療」をしていきたいと思っています。

大口弘について詳しくはこちら

メディア出演

ぎふチャン(岐阜放送)、東海ラジオ歯科健康アドバイザーとして活躍し、多くのメディアで取り上げられています。

取材・出演依頼はこちら

セミナー・講演活動

インプラント専門医育成セミナーを全国主要都市にて開催しています

インプラントは歯科で行われる“外科手術"です。
歯学部を卒業し歯科医師免許を持っているだけでは、十分な知識と経験があるとは言えません。
全国でより多くのインプラント医を育てる為、最近数年間においては、多数のインプラント指導講師を育成し、正しいインプラント技術を習得してもらう活動を行っております。

大口式インプラントなどのセミナーを数多く行っております。

「インプラントの意味」ご存知でしょうか。
日本で「インプラント」というと、歯科医療従事者でなくても歯の代用になる治療と思う方が多いのではないでしょうか。それほど日本ではデンタルインプラントはメジャーな治療になりました。
それではインプラントの本来の意味とはなんでしょうか。
インプラントを三省堂大辞林で引くと、
①欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために、人工的に作製した器官・組織の代替物。また、それを埋め込むこと。人工関節・義歯・腱(けん)・血管など。
②皮膚下に人工物を埋め込むこと。また、そのような人工物。皮膚下に小さな球(ビーズ)を埋め込むビーディングなど。と、記載してあります。
つまり、インプラントとは歯の代用品ばかりではないのです。英語圏では歯の代用品になるインプラント治療を「デンタルインプラント」と呼びます。
インプラントの歴史は古く、エジプトやマヤ文明時代のミイラに石や鉱物を顎の骨に植立したであろう痕跡が見受けられるものもあります。
現在のインプラントは、スエーデンのブローネマルク教授(整形外科分野)が骨とチタン金属が結合する現象「オッセオインテグレーション現象」を発見した時代、すなわち1950年代に遡ります。1960年代には臨床試験が始まり、最初にインプラント手術を受けた患者さんは亡くなるまでの41年間、インプラントが顎の骨に結合していました。実に41年もの間、人間の歯に代わってチタンインプラントが機能していたのです。その後、改良が重ねられ、結合力の向上や結合までに要する期間短縮、骨の吸収を制御する形態など工夫と進化し続けてきましたが、チタン金属を使うことは不変です。

インプラント治療は、歯科治療としては認められた方法ですが健康保険が適用されません。
自由診療となるので、医療機関は自由に診療報酬を決めることができます。健康保険適応の治療と違い、受診する医療機関ごとで治療費が違うため戸惑う患者様もいらっしゃることでしょう。
自由診療の場合は、医師のテクニック、知識、経験も様々です。まずは信頼できる歯科医院、歯科医師を見つけることが大切です。
インプラント治療は、入れ歯や義歯、ブリッジなどに比べ残った歯を守ることができるのが大きな特徴です。
入れ歯や義歯、ブリッジなどは失った歯の負担を残った歯に依存する治療法です。ブリッジは両隣の歯を削って支えにします。支えとなった歯は失った分の歯の負担を受けとめるため、いずれは悲鳴をあげます。残った歯が負担によって抜けてしまうこともあります。同じく、入れ歯も固定するためのバネが残った歯を引っこ抜く力が働き、数年後には抜けてしまう運命になりかねません。歯が抜けるともう抜けないようにするぞと意気込んで、歯磨きなどを一生懸命に行うのですが、それでもなぜか虫歯になったり、歯周病になったりして次々と抜けてしまうのは、残った歯に負担がかかり過ぎることが原因なのです。

骨にインプラントを植えるのはドリルで穴を開けてそこにネジ型のインプラントをねじ込む方法が主流です。これはインプラント発祥の地ヨーロッパ、それを発展させたアメリカで発達した方法です。つまり、身体が比較的しっかりした欧米人が対象で、やや華奢な日本人や東洋人には不向きな部分があります。
そのため、骨が軟らかい日本人は、骨の移植の初期固定が得られず上手くいかないことも多くありました。
当院では約30年前から独自の骨を削らない方法でインプラントを植えています。そして、この方法が2006年にはシステム化して米国国際特許を取得するに至りました。
詳しくは、「大口式インプラントサイト」でご確認いただけます。

インプラント・審美歯科・予防歯科等、歯科治療の最前線の情報をブログにまとめています。

診療時間 9:00~12:00 / 14:00~18:00
休診日 木曜日・日曜日
所在地 〒500-8176 岐阜県岐阜市県町1-6
電話番号 058-264-4180
アクセス 名鉄岐阜駅2番出口より徒歩3分
名古屋駅から電車で17分
駐車場 地下4台 / 近くに契約パーキングをご用意しております。