名古屋、岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|名古屋、岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

昔と今の親知らず

こんにちは!

 

みなさんは親知らずが生えていますか?生えている方は4本ともすべて生えていますか?

 

100754_top

 

 

親知らずは一番奥の歯、8番目の歯のことをいいます。生えてくるタイミングが遅く、成人してから生えてくるため親が知らない歯、ということで親知らずと呼ばれています。

親知らずは上下左右で4本ありますが、このすべてが生えてくるかどうかは人それぞれです。そのため1本しか親知らずが生えない人もいれば、1本も生えてこないという方もいます。

また、歯ができているが歯ぐきの中に埋まっている埋伏歯という場合もあります。

 

実は古代の人は親知らずがほとんど生えていたのを知っていますか?古代の人は歯の数が合計32本あったのです。

現代と違い食事の調理の方法がほとんどなかったため、硬いものでも食べられるような顎の力が必要でした。

しかし、火を使うようになり、食べ物を柔らかくできるようになると顎の力も必要なくなってきたため顎が徐々に小さくなってきました。そういった変化の中で現代の人は歯がおさまらなくなったため親知らずは生えなくなったのではと考えられています。

 

親知らずは生えていないからといって問題があるわけではありません。むしろスペースがない部分に親知らずが生えてしまうことに問題があります。

無理やり生えてくることで他の歯を動かしてしまったり、少し出ていることで汚れが溜まるので虫歯になってしまうこともあります。

一度歯科で診断してもらい、自分の親知らずの状況を知っておくことをオススメします。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


スタッフ

岐阜県岐阜市にある「大口弘歯科クリニック」のスタッフブログです。 身近な話題や最近の歯科情報など紹介しています。

> 記事一覧