岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

歯周病に気付こう!

こんにちは!

今日は歯周病についてのお話です。

 

虫歯以上に日本人が歯を失う原因なのが歯周病です。

ですが実際にどのような病気で、どのような症状が出るのかを知っている方は意外と少ないのです。
また、自覚症状が出にくい病気のため、実はすでにこの病気にかかっているにもかかわらず気付いていない方もかなりいると予想されます。
その結果、症状が悪化して初めて歯医者に行った時にはすでに手遅れで『歯を失ってしまう』方がかなりいるのが現実なのです。

 

『手遅れ=抜歯』にならないために、どのような症状が出ればこの病気の疑いがあるのか?
また予防するためにはどうすればいいのでしょうか?

歯周病の怖いところは初期の段階ではほとんど自覚症状がないことなんです。
歯周病がかなり進行していると次の様な状態になっている事が多いです。

・歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
・口臭がするようになった
・口の中がネバネバする
・歯茎(歯肉)が腫れている
・歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
・歯茎などから膿(うみ)が出る
・硬いものを噛むと痛い
・歯がグラグラする
・歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
・歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
・歯茎(歯肉)がムズ痒い
・糖尿病にかかっている

どうでしょうか?
もし、これらの症状がある場合は至急歯医者に行ってください。

また、これらの症状の中には気が付きにくいものがあるのも確かです。
少しでも異変を感じたらすぐに調べてもらうことで早期発見、治療ができます。

歯周病に限らずどのような病気でも症状が進行すればするほど治療が難しく、長期間の治療が必要になり、歯周病の場合は最悪、抜歯しなければならないこともあります!

歯医者に行くには時間が無いという方も多いとは思いますが、将来歯を失くさない為にも日ごろから気にかけるのが一番ですね!
歯周病に限らず、歯の悩みや不安などがありましたらお気軽にお問い合わせください!

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ