名古屋、岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|名古屋、岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

親知らずの話

こんにちは!

今回は親知らずの話をします。
親知らずというのは「第三大臼歯」のことで、永久歯の一つなんです。
普通永久歯が生えそろうのが6歳~12歳なんです。ですがその時期よりずっと遅い時期に生えてくる歯なので親は知らない。なので親知らずと呼ばれるようになりました。


この「親知らず」
正常にまっすぐ生えていればなにも困ることはないですが、多くの人に見られるのは変な角度で生えてきたり、一部分しか表面に出てこなかったりなどと厄介な歯なのです
ちゃんと生えてこなかった場合、繰り返し歯肉炎を起こしてしまったり、うまく掃除ができずにばい菌がたまることにより智歯周囲炎を起こして化膿したりと害も多いのです
親知らずは痛くないからと放置しておくと、歯の炎症が重症化して敗血症や縦隔炎を起こすこともあり命の危険にさらされることもあります。

親知らずのこと少しは分かりましたか?
今回の記事で抜いたほうがいい!と思った方も多いと思います。

ですが、この親知らずは抜くのも厄介なのです。
一番奥で抜歯がしにくいのもありますが、歯が歯肉の中に埋まっている場合やまっすぐ生えているように見えて実はねじれてはえていたりと抜くのにも一苦労な歯なのです。
親知らずは年齢が若いうちに抜くことをオススメしております。
傷の治りが早いこともありますが、年齢の増加により高血圧や心臓病などの全身疾患があると抜歯にともない危険性が増したりします。他にも、女性の方は、妊娠中に親知らずが炎症を起こすことがあるので、そうなる前に抜くことをオススメしています。

 

親知らず、生えているけど放置しているという方もいらっしゃると思います。
ですが、上記に書いたように生えていることで起こるデメリットも少なくありません。この機会にお近くの歯医者で口の中を診てもらってはいかがですか?
当院でも親知らずの抜歯も行っております。親知らずの診断だけではなく他の箇所の問題も見つかるかもしれません。
親知らずやその他歯に関する質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

 

 大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ