廃用萎縮とは?|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

廃用萎縮とは?

こんにちは!

歯を失うと骨はやせてしまいます。この現象を廃用萎縮といいます。

今回は廃用萎縮についてお話します。

 

 

 

骨は歯が生えているときには噛んだり話したりすることで、骨に刺激がいきます。この刺激があることで骨は存在し続けます。

しかし、歯が抜けてしまうと骨に刺激が伝わらなくなります。刺激がなくなると、骨は自然と衰えていきます。

その結果骨は本来の状態より小さくなってしまいます。

この廃用萎縮は歯科だけではありません。寝たきりの状態が続いてしまうと歩行困難になってしまうのと同じなのです。

 

このように歯が抜けてしまい、長い間放置してしまうことで骨はやせてしまいます。そのため、やせてしまった部分にインプラント手術を行おうとすると困難なものになってしまうのです。

歯がに抜けてしまったという方は早めにインプラント手術を行うことで、難易度の低い、安全な手術ができると言えます。

 

大口式インプラント法は、廃用萎縮の起こったやせた骨であっても手術が可能な術式です。

骨の柔軟性を生かし、骨を広げることで、インプラント埋入を可能にした、骨を削らない手術方法です。

歯が抜けて悩んでいる方はお気軽にお問合せください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます

 

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。
医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。
連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ