噛むことと味覚|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

噛むことと味覚

こんにちは!

食べ物を食べた時感じる「味覚」。

実は噛むこととすごく関係があるのです。

噛むことを咀嚼(そしゃく)といいます。
咀嚼と味覚とは密接に関連しています。

味は舌の表面や口腔内に存在する味蕾(みらい)という器官から脳に信号として伝えることで感じられます。味の情報をより効率的に伝えるためには食物を良く噛み砕いて、唾液に溶かすことが重要です。

食べるという行為は食物を消化してエネルギーに変えるためだけではありません。
良く咀嚼することは、全身へ様々な効果あることが分かっています。

咀嚼の最も大きな効果は唾液の分泌を促すことです。分泌された唾液は、食べ物の消化を助け、口腔内の清掃も良くします。

さらに唾液に含まれるペルオキシターゼというたんぱく質には、発がん性物質の発がん作用を抑える働きがあり、老化現象など、身体に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きもあります。

 

咀嚼による唾液の分泌は老化防止にもなるとされています。
良く咀嚼する食事をすれば、精神を安定させ、ストレス解消にもなり、満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満防止の効果にもなります。

 

良く咀嚼するということは、健康のためにとても大切ですが、丈夫な歯を保つことは不可欠です。

健康な歯は、健康な身体をつくります!
歯を大切にして良く咀嚼し食事を味わいながら健康を維持しましょう!

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ