インプラント手術時の心構え|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラント手術時の心構え

こんにちは!

インプラント手術を受けるのはとても緊張することかと思います。今回は手術時についてお話します。

 

 

インプラント手術は外科手術です。そのため、麻酔を使用し痛みを感じなくした後、メスを使用し歯肉を切開します。そして骨に穴をあけ、インプラントを埋入し、歯肉を縫合するといった結構大掛かりな手術となります。

外科手術時に患者さんに行っていただきたいことは緊張しないことです。

一番難しいこととも言えますが、緊張してしまうことで麻酔の効きが悪くなってしまいます。そうなると痛みが生じてしまい、追加で麻酔を打つこととなり手術時間が少し長くなってしまうこともあります。

患者さんによっては血圧が高く、手術前の血圧測定で数値が高すぎると手術を行えないこともあります。問診や治療中に質問されることもありますので、自分の血圧がどれくらいなのか、ある程度知っておくことも大切です。

ドリルを使用するインプラント手術法では、骨に穴をあけるという言葉や説明を受けただけでも緊張してしまう方が多いです。それはこれまでの事故のニュースやイメージなどから連想してしまうため、ある意味居方がないこととも言えます。

当院で行っている大口式インプラント法は、骨をドリルで削らない手術方法です。鍼灸で使用するような極細の針を使用し骨を少しずつ広げていき、インプラントを埋入する手術方法です。わかりやすい説明、資料を用いてカウンセリングを行うため、手術時の緊張もほとんどないという方がとても多くいらっしゃいます。

インプラントをお考えの方は、大口式インプラント法についても調べて、気になるという方はお気軽にお問いあわせください!

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ