岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

骨のやけど

こんにちは!

みなさんはやけどをしたことがありますか?熱いものを触ったり、日焼けなんかもやけどの一部です。転倒したりすべることで起こる摩擦によるやけども経験がある方は多いと思いますが、この摩擦によるやけどはインプラント治療においても同様のことが起きるのです。

 

 

インプラント治療は骨をドリルで削る手術方法です。そのため、ドリルと骨の間には摩擦熱が生じます。骨は42度くらいでやけどをしてしまいます。しかし、回転しているドリルはそれ以上の温度になってしまうため、やけどを負う確率が非常に高いのです。この摩擦熱は回転物であるドリルを使用している以上避けられません。そこで、ドリルを使用する際にはドリルを使用している部分に水をかけて熱を冷やしながらドリルを使用しているのです。

摩擦熱によるやけどは外側だけではありません。ドリルで骨を削っている表側は水をかけているので冷却されます。ですが、削っている内部まで水は入り込むことができないため、どうしてもやけどを負ってしまい、骨の組織は破壊されてしまうのです。

こういった骨へのダメージを受けることで、骨とインプラントの生着がうまくいかない原因となることが多いです。そこで開発されたのが、大口式インプラント法です。

大口式はドリルを使用しない術式です。使用するのは数種類の針で、小さい穴をあけたらその穴を徐々に広げていく手術方法です。手技で行う術式のため、やけどするほどの摩擦熱は発生せず、骨へのダメージが少ないため骨との生着率も高いことが特徴です。

インプラントでお悩みの方は、ぜひ一度お問合せください!

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ