講演報告|岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

講演報告

先週、大口式ベーシックコースハンズオンコースを開催いたしました。
ハンズオンコースとは実習付きの研修会です。

画像は午後からの実習シーンの一コマです。
豚の肋骨を歯槽骨とみたてて大口式で骨を拡げてインプラントを埋入します。実習されている歯科医師の方はライト付きのルーペ(拡大鏡)持参で参加されていましたが、やる気を感じます。
毎回感じることは休診日を利用して勉強される方々の真剣さと熱意です。大口式ベーシックコースで解説するスライドを少しご紹介します。一般の方もご覧いただいているブログですのでえぐい画像は省きます。

 

大口式ベーシックコースで解説しているスライドとは

■大口式の礎となる現象について(骨の上昇現象)

■オメガスリッティグについて

■動物実験データで示す大口式とスプリットクレストの違い

■大口式、ただしい保持法、受渡し法

■起始点について

上記がスライドの一部です。
新型コロナウイルスの影響で暫くは開催を控えますがオンライン講習の準備を進めています。
準備が整い次第、ご案内いたしますのでご期待ください。

 

まとめ

今回も多くの若手歯科医師に参加をいただきました。
若い先生と話をしていると活力がわいてきます。
皆さんとともに技術の研鑽をしてインプラント治療の高みを目指したいですね。

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ