岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

入れ歯の手入れ

こんにちは!

歯を失ってしまった場合、入れ歯やブリッジ、インプラントという選択肢があります。
その中でも「入れ歯」は比較的安価で手に入れることができる歯の代用品です。
ですが、その入れ歯を手に入れても、お手入れがしっかりとできていないと装着している意味がありません。


入れ歯は歯の無い部分に被せて歯の代わりをする道具です。
口の中に異物が入ることになるので、抵抗を感じる人も少なくないと思います。ですが、歯が抜けてしまった場合は入れ歯を入れることを強くオススメします。
歯が抜けてしまってそのままにしておくと、抜けた分だけ噛む力が低下するだけでなく、抜けた歯の周りの歯にも影響があります。上下の噛み合わせが悪くなってしまうので、抜けた時よりも噛む力が弱くなってしまいます。また、噛まなくなることで顎の力も弱くなってしまうので、骨もどんどん痩せ細ってしまうのです。

 

そうなってしまわないためにも、入れ歯を入れることは大切なことなのです。

 

入れ歯は主にプラスチックでできています。
プラスチックは、吸水性があるので、汚れや細菌が付着しやすいです。また傷が付きやすいので、傷の部分に細菌が入り込むことで細菌のすみかになってしまいます。
しっかりと固定できないため、口の中で微妙に動き口の粘膜を傷つけることも少なくありません。
入れ歯に付いた細菌は、専用の洗浄液と専用のブラシを使ってしっかりとキレイにする事が大切です。
洗浄を怠ってしまうと、口内炎や口臭、虫歯や歯周病の原因にもなります。入れ歯もメンテナンスが大切です。

 

ここまで入れ歯について説明してきましたが、入れ歯ではどうしても噛む力などに限界があります。洗浄不足で細菌が溜まり歯周病になってしまうと他の残っている歯にまで影響があります。
そうなってしまう前に、歯が抜けないための予防が大切です。しっかりと歯を磨き、歯周病や虫歯にならないようにすることが大切です。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

大口弘歯科クリニックでは若くてやる気のある歯科医師の方を求めています。

医院継承も含めたお付き合いのできる信頼関係を築ける方、エントリーをお待ちしております。

連絡先:058-264-4180(医療法人大徳会


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ