名古屋、岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|名古屋、岐阜県他、日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

骨とインプラント

こんにちは!

インプラント治療とは骨に金属、チタンでできた歯の根っこを入れる歯科治療のことです。そのため、インプラント治療において骨の状態はとても重要になります。

 

 

骨に対してドリルで穴をあけ、インプラントを埋入します。そのため、骨はある程度の厚みがないとドリルで穴をあけることができません。また、抜歯などにより骨が少なくなっている状態であってもインプラントを入れるための穴をあけることができません。

そのため、通常のインプラント手術、ドリルによる穴の形成を行う場合は骨の厚みがとても重要となります。

もともとインプラントは海外で生まれた治療法です。欧米人などはあごがしっかりとしているため、骨の厚みは十分あるといわれています。しかし日本人などアジア人は欧米人らと比べると骨格が小さいという特徴があります。

そうした骨格に合わせた手術法は特にないため、骨が細くインプラントが不可能だと診断されたケースも少なくありません。

そこで開発されたのが大口式インプラント法です。この手術方法は骨がやせている状態でもインプラントの埋入を可能とした手術方法です。大きな違いはドリルを使用しないという点です。そのため、侵襲が少なく出血や痛み、腫れがほとんどありません。

また手術時間もとても短く、ドリルで削る音などもないため、患者さんの負担が少ない手術方法です。

 

大口式インプラント法について知りたい方、手術について詳しく知りたいという方はお気軽にお問合せください。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


スタッフ

岐阜県岐阜市にある「大口弘歯科クリニック」のスタッフブログです。 身近な話題や最近の歯科情報など紹介しています。

> 記事一覧

グループ