岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラントが抜けてしまう

こんにちは!

インプラント手術を行うことで、歯が抜けてしまった部分に代替の歯を作ることができます。しかし、誤った扱い方をするとインプラントは抜けてしまいます。

 

 

インプラントは骨にネジ状の金属を埋入することで固定されます。本来は体は拒否反応を起こし金属と骨の結合は難しいのですが、偉人が発見したチタンと骨との結合力により、この治療法が成り立っています。この発見、現象をオッセオインテグレーションといいます。

チタンと骨の結合はほとんどの人に見られる現象ですが、まれにチタンに対しても拒否反応、もしくは結合不足があることがあります。そうなるとインプラントが結合できず抜けてしまう恐れがあります。

また、インプラントの埋入後は結合するまでに時間がかかります。そのため、結合ができる前に外部からの衝撃があると抜けてしまうこともあります。

そして、結合ができた後も注意が必要です。インプラントは天然歯と同じように歯周病にかかります。これをインプラント周囲炎といい、骨を溶かしてしまう病気です。インプラント周囲炎にかかってしまうと、インプラントの周りの骨が溶かされてしまい、結合していた骨がなくなることで抜けてしまうこともあります。

 

インプラントが抜けてしまわないように、日ごろから歯磨きをして、定期的な歯科での検診を受けて、いつまでもインプラントを使用できるようにしましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ