岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

インプラントのメンテナンスとは

インプラント治療は上部構造(被せ物)を装着して初めて機能します。上部構造を装着してからは出来るだけ長く機能するようにメンテナンスが必要になります。

インプラントのメンテナンスと言っても特別ではありません。自分の歯のメンテナンスと同じです。丁寧な歯磨きが基本になります。

 

 

丁寧な歯磨きとは

とにもかくにも歯垢(プラーク)の除去です。歯垢は2、3日も放置するとやがて歯石になります。歯垢の段階では歯ブラシで取り除くことが可能です。しかし、歯石になると歯磨きでは取り除くことができません。歯科医院で専門の器具を使用して取り除きます。

丁寧な歯磨きとは歯垢の磨き残しがないようにすることですが、歯ブラシだけでは歯と歯の間や歯ぐきとの隙間の歯垢は取り除けません。なぜなら歯ブラシの毛先が届かないからです。

 

 

歯ブラシの毛先が届かない部分はどうするの

歯間ブラシやデンタルフロスを使用すると歯ブラシが届かない部分の歯垢を取り除くことができます。

《歯間ブラシ》

歯間ブラシにはS、M、Lなどのサイズがあります。歯と歯の隙間の大きさに合わせて選択してください。あまりゆるゆるでは毛先が歯面に届きません。きつすぎると歯間ブラシがスムーズに動かず、磨くどころか歯ぐきを傷つけてしまいます。少し抵抗感があるサイズが良いでしょう。サイズ選びに迷うようでしたら歯科医院に相談されると良いでしょう。

 

《デンタルフロス》

フロスは歯と歯の間に通して歯面を磨くように使用します。乾布摩擦のようにフロスを動かすと良いでしょう。ただし、無理に押し込むと歯ぐきを傷つけるので注意が必要です。

デンタルフロスにはスムーズに動くようにワックスでコーティングされているものもあります。使いにくい方はそのような製品を選ぶと良いかもしれません。また、フロスの幅にも色々あります。歯にあったサイズ選びについては歯間歯ブラシ同様、歯科医院に相談されると良いでしょう。

 

 

歯ブラシの前、それとも後?

当院では歯ブラシ前に行なうようすすめています。歯ブラシで全体の歯垢を取り除いてから歯間ブラシやデンタルフロスを使用すると歯と歯の間の歯垢が再び口腔内を汚すと考えられるからです。歯間ブラシ、デンタルフロスを使用してから歯磨きをすることをおすすめします。

この辺りは家の掃除と同じですね。

 

 

 

噛み合わせの調整

インプラントと言っても自分の歯と同じように歯磨きをすれば大丈夫です。ただし、歯石の除去と噛み合わせの調整は歯科医院で行なうことになります。自分の歯とインプラントの大きな違いは歯根膜の有無です。歯根膜はクッションの役目もあります。歯根膜の無いインプラントは噛み合わせ力が骨に直接加わります。噛み合わせが悪いとインプラントにダメージが加わります。最悪の場合、インプラントが抜けてしまいます。

 

・インプラントが緩む原因

噛み合わせが高いとインプラントとアバットメント(土台)が緩みます。インプラントとアバットメントはネジで留められているので回転力が加わり緩む原因になるのです。

 

 

まとめ

インプラントの歴史はすでに60年を超えて、確立された治療法となりました。咀嚼機能の回復、審美性の回復においてブリッジや入れ歯に比較して優位性があると言われていますが、長もちするようにメンテナンスすることが大切です。我々専門家はそのお手伝いさせていただています。

 

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ