岐阜でインプラントなら大口弘歯科クリニックへ|岐阜県他日本全国から多数ご来院いただいております。

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

口呼吸はやめよう

こんにちは!

みなさんは普段の呼吸は口でしていますか?それとも鼻でしていますか?おそらく無意識でしているのでどちらでしているかすぐにはわからないと思います。

もし、口で呼吸をしているのであれば、それは間違った呼吸法です。

 

 

本来、呼吸は鼻で行います。鼻には鼻毛があるため、空気中の細菌やごみなどは毛によって体内に入ることを防ぎます。そうすることで風邪やインフルエンザになるリスクを減らしています。

しかし、花粉症などにより鼻が詰まっている場合、口で呼吸をせざるを得ません。口で呼吸する場合、鼻と違いフィルターとなるものがないため細菌なども体内に取り込んでしまいます。

また常に空気が口の中を行き来するため、口の中が乾燥してしまいます。乾燥した状態というのは菌にとっては繁殖しやすい場所になるため、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなってしまいます。

 

このように呼吸法によって健康状態は大きく変わります。

あなたの呼吸法はどちらでしたか?

 

もし口呼吸だという方は、常に意識して口を閉じ鼻で呼吸するようにしてください。これは癖と同じなので根気よく意識をすることで自然と鼻呼吸に切り替えることができます。健康のためにも、呼吸法に気を付けましょう。

 

毎日、午前10時に更新しています。インプラントの疑問や矯正に関する悩み、他にも多くの動画を投稿していますので、ぜひご覧ください!

 

youtubeバナー2
上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます


大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ