下顎の矯正が難しい場合の対処法|インプラントなら岐阜の大口弘歯科クリニックへ

大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
お電話からのお問い合わせは【岐阜院】058-264-4180 【名古屋駅前院】052-564-8211 [診療時間] 9:00~13:00 / 14:00~18:00
[休診日]木・日・祝(※祝日のある週は木曜診療)
お問い合わせはこちら
大口式を直接学べる!名駅前院歯科医師募集中。残業一切なし、18時までの勤務!
メニュー

歯科最前線情報ブログ

下顎の矯正が難しい場合の対処法

下顎の矯正が難しい場合の対処方法のコルティコトミーや抜歯があります。コルティコトミーとは歯と歯の間を骨ごと縦切りしてピアノの鍵盤のように歯を動かす方法です。
この方法は患者さんの肉体的負担が大きく感染のリスクが高くなるなど予後の経過管理が難しいため、出来れば避けたい方法です。

このような症例をマウスピースで解消する方法はないかと試行錯誤しましたが、遂に見つけました。解説動画にしましたのでご興味のある方は一度ご視聴ください。

 

大口弘先生

大口式インプラント法開発者で大口弘歯科クリニックの院長大口弘です。 インプラント施術者として、30年あまりの経験から、大口式インプラント法を開発。手術での事故を起こしてしまった先生からの相談をされることも多くなっています。 現在、大口式インプラント法の普及に努め、インプラントでの事故の防止を支援しています。

> 記事一覧

グループ